スポンサーサイト

  • 2016.11.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ 人気ブログランキングへ←ランキング参加中!クリックしてもらえると嬉しいです。
  • 2016.11.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

リンクを張る?リンクを貼る?

このブログを見ている方は、専門の方も多いでしょうから、「その話題は古いっ!」と言われそうですが・・・

どちらの表現が正しいでしょうか?

ついでに、もうひとつ言うなら「バナーを張る」「バナーを貼る」はいかが?
クライアントさんとやりとりしていると、サイト内リンクが間違っていたり、外部リンクを手配したりと、ハイパーリンク(いわゆるリンク)に関するやりとりも結構多い。

それもそのはず、ウェブサイトに使われるHTMLの一番大きな特徴は、ファイルから他のファイルにジャンプすることができることなのだから。今では誰もが当たり前に使っているこの「ハイパーリンク」という仕組みは、実は画期的な発明だったのだ。これがあったからこそインターネットが発展した、と言っても過言ではないだろう。

さまざまなページ同士が、ハイパーリンクによって網の目のように張りめぐらされているのが、インターネットなのだ(こういう書き方をすると「インターネット」という用語についても議論がありますが、それは置いといて)。

いや、本当のところは、IT用語でポインタを張るというところから来ているようなのだけど、とにかく、われわれが通常使う意味であればリンクを張るというのが正確な表現であるようだ。

もちろん、ハイパーリンクのHTMLコードをコピー&ペースト等の手段で貼り付ける、という意味で使うのであれば、リンクを貼るでも正しいのであろう。メールにリンクを含めたタグを描いておいて、「このリンクを貼ってください」なら、正しい・・・いや、おかしい!この場合は「このリンクタグを貼ってください」あるいは「このコードを貼ってください」だっ!

で、バナーをはる方はどうかというと、これはもちろん、シールを貼るみたいなもんで、画面上に貼り付けるのだから、貼るが正しい。ハイパーリンクを張るのとは意味が全然違うのだ。

ということなのだけど、私のクライアントさんはほとんど例外なく「リンクを貼る」という表現を使う。言葉は生きているものなので、これが多数派になれば、こちらが正しい、ということにもなるのだろうが・・・

しかし、テキストをリンクにする、という意味で「貼る」と使っているのであれば、たとえば太字にすることは太字を貼る、などと表現してもいいハズだ(違和感ありますよね?)。

ってなわけで、私はメンドイので「リンクをはる」とひらがなで書いてしまったりします。


にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ 人気ブログランキングへ←ランキング参加中!クリックしてもらえると嬉しいです。

スポンサーサイト

  • 2016.11.28 Monday
  • -
  • 10:20
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ 人気ブログランキングへ←ランキング参加中!クリックしてもらえると嬉しいです。
  • 2016.11.28 Monday
  • -
  • 10:20
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
<< セミナー 「開発効果の潮流と市民社会の動向」に参加しました(2009-05-16 02:17:42) | 児童労働反対世界デー・キャンペーン2009(2009-05-22 02:39:19) >>
コメント
ちなみに僕としては
最近のデジカメの手ブレ「補正」機能って謳っているメーカーがあるのがきになりますな・・
「補正」は法律用語(もちろん私にはいやな言葉)であり、「補整」が正しいはずなんだが、「はる」と同じく定着するんでしょうな^^;
みずまささん

「補正」は法律用語であると同時に、自然科学の用語でもあります。観測結果から、ノイズなどさまざまな要因による影響を取り除くことを「補正」と言います。「補整」ではなく「補正」です。
手ぶれ「補正」は、手ぶれの影響を取り除いてより真に近い写真にするので、上記の意味で「補正」でよいのではないでしょうか。

私も昔はCCDなど使って実験していたので、補正っていうととりあえず観測して、その結果を計算で修正する、ってイメージが強いですけどね・・・
原理的にはそれで手ぶれ補正がある程度は可能ですが、計算に時間がかかりそうなので現実的ではないです。
おっしゃるように自然科学でも「補正」は使われますよね。私の解釈ではマイナスのもの(使えないもの)をプラスのもの(使えるもの)にするものが「補正」で、一応プラスなんだけどよりよいものにするのが「補整」ととらえたんですが・・・そうするとわれわれの書類は厳密には「補整」だよなって思う・・言葉は謎ですね・・・
  • みずまさ
  • 2009/05/23 12:08 AM
みずまささん

私の理解では、真から外れたものを真に近づけるのが「補正」、何らかの目的をもって真から遠ざけるのが「補整」です。
自然科学で「補整」をしたら、それは「捏造」になってしまいます。

で、結局「手ぶれ補正」でよいのでしょうか?
なるほどー
言葉の成り立ちを知らないと、勝手な印象で使ってしまいますね。
「張りめぐらす」から来ているなら「リンクを張る」ですよね。
私はコピペのイメージで「リンクを貼る」って書いていました。
小川晶子さん

さすが、書くのを商売にしているだけあって、こういう記事に目がいくのですね。

「リンクを貼る」は単純な誤用の代表例ですが、言葉を「上書き保存」されてしまって、本来の意味とは置き換わってしまっている用語も多く、IT用語の分野はなかなか難しいです・・・
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
お友達・パートナーリンク
登録されたブログから、最新記事10件を表示しています
Powered By 画RSS
その他リンク
Twitter
Facebook
Koji Minewaki

バナーを作成
Skype
Skype Me™!
なかのひと
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
recommend
recommend
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
プロフィール
プロフィール写真
⇒プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最新記事
カテゴリー
アーカイブ
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
このブログ内を検索
others
mobile
qrcode