スポンサーサイト

  • 2016.11.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ 人気ブログランキングへ←ランキング参加中!クリックしてもらえると嬉しいです。
  • 2016.11.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

NPO労務サポーター《インタビュー第1回》

今回ご紹介するのは、社会保険労務士の石田信隆先生のサイトである「NPO労務サポーター」です。2008年12月より公開されています。

これまでは、私(やまゆり)が何らかの形で制作に関わったウェブサイトを紹介してきましたが、念願がかなって初めて、私が関わっていないサイトを紹介することになりました。

なお、今回のインタビューは、遠方のためメールにて行わせていただきました。
お忙しいところご協力いただいた石田先生には、大変感謝いたします。

NPO労務サポーター/トップページ

石田信隆先生のNPO労務サポーターへの想い


―まずは「NPO労務サポーター」を立ち上げた経緯をお聞かせ願えないでしょうか。
また、今回これまで1年半にもわたって「毎日更新」を目標に運営を続けられてきたブログとは別に
ウェブサイトを立ち上げられましたが、そのへんの想いについてもお聞かせ願えたらと思います。


石田信隆先生
「NPO労務サポーター」は、「ライフワークはNPOの労務サポート」の私の想いを表したものです。
NPOで活動し、NPOのミッションに共感。人生をかけて、NPO仲間がもっと活動しやすくなるお手伝いがしたい。このように考え、私は「ライフワークはNPOの労務サポート」の社会保険労務士、「NPO労務サポーター」をめざしました。

ブログ「NPO労務サポーターをめざして」(編集者注:2007年5月1日より開始。以来1年8か月間、毎日更新を続けて現在に至る)は、私の人となりを知ってもらう一つのきっかけだと考えています。ブログは、時間や空間を超えて、私の想いを伝えることができます。名刺交換では伝えきれない私の想いを、ブログでご理解いただけたら。そんな気持ちを持っています。

開業後は、私がNPO仲間に対して、何ができるのか。もっと詳しく、NPO仲間に知ってもらう必要があると、考えています。ウェブサイト「NPO労務サポーター」は、私がNPO仲間にどんなかたちでお手伝いができるのか、より詳しく知ってもらいたくて、つくってみました。
―もう少し突っ込んで、石田さんがNPOに関わったきっかけ、またNPOの中でもあまり注目されてこなかった労務という分野を手がけようと思ったきっかけを、お聞かせ願えないでしょうか?

立命館大学経営学部卒業後、京都市の外郭団体に勤めましたが、「もっと多くの人の役に立つには?自分のやるべきことは?」という悩みを持っていました。

ふと目に留まった新聞には「NPO」の文字。「ミッションを軸に人が集まり、動く」ということに感動し、また、世の中の「放っておけない」「何とかしたい」想いを大切に行動していることに共感。いてもたってもいられなくなり、連絡先を調べて訪問しました。これをきっかけにNPOのスタッフとして働き始めました。

NPOの社会的認知はまだまだ低く、スタッフの方が働きやすいとは言えない状況。継続して活動し、ミッション達成に向かうには?と考えました。

このときの経験から「ライフワークはNPOの労務サポート」を決意し、労務のスペシャリストである「社会保険労務士」試験を志しました。

「NPO労務サポーター」のポイント


―ところで、ウェブサイトの話に戻らせてください。
開設当初から、ページ数のそれなりにあるサイト構成ですが、その中で目玉となるコンテンツや工夫は、どのへんでしょうか。

ウェブサイトのポイントは、3つあげられます。

  • 一つは、「NPO労務サポーターとは」です。「NPO労務サポーター」への想いをコンパクトにまとめてみました。これまで、ブログをご覧になっていないNPO仲間に対して、「NPO労務サポーター」への想いをご理解いただけるのではないかと、考えています。
  • 二つめは、「NPOの労務」です。労務のことに詳しくないNPO仲間が、すっと読めて、すっとわかる。できるだけ専門用語は使わずに、労務のことをご理解いただけるよう、まとめてみました。
  • 三つめは、「業務案内」です。具体的に、私がNPO仲間に何ができるのか。私がお手伝いをさせてもらうことで、NPO仲間がどの様なメリットがあるのか、ご提案申し上げています。


―トップページにある「INFORMATION」はどういう位置づけでしょうか?占めている面積も広く、おそらく更新頻度もブログを除くと一番多いようなので、そのへんよろしかったら、お聞かせ願えたらと思います。

「INFORMATION」は、NPO仲間にとって役に立つであろう、労務関係の最新情報です。

例えば、法改正や助成金など、官公庁などが公表した情報は、いち早く伝え、少しでもNPO仲間の活動に役立ててもらいたい。そんな想いをこめています。

―最後に一言ありましたら、お願いします。

正直言って、今の市場規模やニーズを考えると、私がNPOの労務サポートだけで活動を続けるのは、難しいです。

工夫を重ねて、これからもずっと、NPOの労務サポートのお手伝いができるよう、努力を重ねていきたいです。

―ありがとうございました。



今回のインタビューは初めての試みということでどうなるかと思いましたが、石田先生の温かいご協力と、ポイントにしぼった簡潔かつわかりやすいご回答により、インタビュー記事を作成することができました。

NPOは私も手がけている分野なので、ネットで知り合った当初から、当時はまだ社会保険労務士として開業されていなかった石田先生の動きに、興味を持っておりました。
そして、昨年はセミナーでお会いして直接お話しすることができ、嬉しく思っております。

ウェブサイト「NPO労務サポーター」については、早くも私自身がNPOの人からの質問に答えるために参考にさせていただきました。
今後、ますますNPOの労務に関する情報が充実することを期待しております。

石田先生は大阪ボランティア協会が発行する情報誌「Volo{ウォロ)」の編集委員も務められています。
そしてその中で「市民活動で知っておきたい労務」という連載記事を書かれています。
「Volo」は、石田先生の連載記事はもちろんのこと、ほかにも市民活動に熱意を注ぐ人たちの記事や、市民活動の活動をするにあたって有用な記事がたくさん掲載されているので、市民活動に興味を持つすべての人におすすめです。
もちろん、私(やまゆり)も定期購読しています。

阪神大震災から今日で14年になります。日本国内のNPO活動は、阪神大震災のボランティアがきっかけで発展したと
言われています。
そんな日に、震災で大きな被害を受けた兵庫発でNPOの支援をされている石田先生の記事が掲載できたことを嬉しく思います。
石田先生のように、震災の教訓を少しでも世の中のために活かす活動をすることが、震災で命を落とされた方々にとって一番の救いになるのではないでしょうか。

最後にもう一度、石田信隆先生、ありがとうございました。

⇒今回紹介したウェブサイト「NPO労務サポーター」はこちら

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ 人気ブログランキングへ←ランキング参加中!クリックしてもらえると嬉しいです。

スポンサーサイト

  • 2016.11.28 Monday
  • -
  • 02:07
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ 人気ブログランキングへ←ランキング参加中!クリックしてもらえると嬉しいです。
  • 2016.11.28 Monday
  • -
  • 02:07
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
<< 後進の指導を(2009-01-10 02:01:00) | データの整理1:画像を整理する(2009-01-22 00:52:00) >>
コメント
やまゆりさん、多忙を極める中、私をご紹介いただき、本当にありがとうございます!

NPOスタッフとして働いて、NPOのミッションに共感。「ライフワークはNPOの労務サポート」を決意した私。

行政、企業に続いて、NPOが第3のセクターとして、もっと暮らしやすい社会を構成する可能性を秘めていると、信じています。

やまゆりさんのご協力に深く、深く、感謝をしながら、これからも努力していきたいです。

やまゆりさん、本当にありがとうございました!!
いしちゃん

今回のインタビューでは、いしちゃんの熱い思いを再確認することができました。

今後、NPO労務サポーターのような活動が広まっていくことを、そしていしちゃんが先駆者になっていくことを、願ってやみません。

こちらこそ、ご協力ありがとうございました。
さすが〜
すごく見やすくてまとまったインタビューですね!!
素晴らしい。

続けてくださ〜い。
どらさん

ありがとうございます。

文章を書くのを専門にされているどらさんにはかないませんわ。
それに、この文章は、ほとんどが石田先生の書いてくださったものそのままです。
そして、ネタ的には、どらさんのパクリですので、どらさんには頭が上がりません。

次も企画中ですが、ちょっと時間がかかりそうです。
ゆっくり待っていてくださいね。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
社会保険労務士
労働及び社会保険に関する諸法令に基づき行政機関(主に労働基準監督署、公共職業安定所、社会保険事務所)に提出する申請書、届出書、報告書、審査請求書、異議申立書、その他の書類を作成し、その提出に関する手続きを代わってすること また、労働社会保険諸法令に基
  • 資格の達人 仕事の達人
  • 2009/01/18 8:58 PM
お友達・パートナーリンク
登録されたブログから、最新記事10件を表示しています
Powered By 画RSS
その他リンク
Twitter
Facebook
Koji Minewaki

バナーを作成
Skype
Skype Me™!
なかのひと
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
recommend
recommend
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
プロフィール
プロフィール写真
⇒プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最新記事
カテゴリー
アーカイブ
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
このブログ内を検索
others
mobile
qrcode